婚約指輪に気持ちを込めたいなら手作りしよう

種類は豊富

リング

まずはノーマルから

プロポーズに欠かせない婚約指輪ですが、その種類は豊富です。婚約指輪に決まりはなく、どんな宝石がついているものでも、どんな形のものでも、自由に選ぶことができます。ただし、一般的な流行はあり、リングがプラチナ製、宝石はダイヤモンドというのがノーマルになっています。自由に選ぶといっても、選択肢が無限にあると困るので、まずはノーマルタイプから確認すると良いです。彼女が婚約指輪を日常的につけたいのであれば、ダイヤモンドが少し埋め込まれたタイプを見てみましょう。特別な式やパーティーのときだけ身につけるつもりであれば、伝統的な立爪タイプの一粒ダイヤモンドリングがおすすめです。また、予算の関係もあり、それほど高価なものを用意できないのであれば、エタニティリングも検討してみましょう。小さなダイヤモンドがリングに埋め込またタイプで、結婚指輪としても使えます。婚約指輪と結婚指輪を兼用する形でプレゼントすれば、費用も抑えられますし、日常的に指輪を活用することもでき、経済的です。そのほか、彼女の好みによって、ダイヤモンド以外のリングも検討してみましょう。ダイヤモンド以外の宝石であれば、かなり大きなサイズの石をのせられる可能性が高まります。彼女の手の大きさや指の太さ、普段よく着る洋服の色などを踏まえて、宝石の大きさや色を検討し、絞り込むと良いです。彼女にぴったりの指輪であれば、どんなものでも婚約指輪になるので、臆せず探してみましょう。